Communication & Driving 運転するってこんなに楽しいんだ

クルマや運転に興味がある人も、そんなことどうでもいい人にもリエゾンは楽しい時間になっています。
インストラクターは面白い人が多くて、教習中も楽しい会話が弾みます。
親しみを感じるインストラクターだと、なぜか上手に運転できてしまいます。
リラックスして自然体で居られるってことは気分的に新しいことを吸収する準備が整ってるってことなんですね。

私に運転なんて出来るのか不安

友達からも「大丈夫?」って心配されることが多い私でもリエゾンの教習を受けってみると、まずは緊張を取り除いて落ち着いて練習できるムードメイク。
私にでもできるような簡単な操作を繰り返していると少し運転できている自分にビックリ。
教習を進めていくうちに運転も楽しくなってくるから不思議な感じ。
新しい自分を発見したみたいなんて大げさかな?

免許は資格取得のためって思ってた

クルマに興味は全然ないけど就職で必要だったから。
そんな私が教習で実際に運転してみると自分でも意外なくらいに車の運転が面白くなってきた。
ドライブに出かけたいなんて思ってる予想外の展開。
何事も経験してみないと分からないものですねえ、、
今度お家のクルマを運転してショッピングに出かけようかなあ。

3階まで見渡せる吹き抜けた大空間の先にある受付まで歩くと明るい陽射しが降り注ぐエントランスホール。
見上げるとドライブできるようになった明日の自分が予感できそうな気分。
この広さと、明るさと笑顔あふれるところがリエゾン。レザーソファの並んだ1階ロビーからはヤシの葉がそよいでいるのが見えた、
その間を教習車が走り抜けていった。練習前のドキドキもこのソファで深呼吸。受付のお姉さんも笑顔で励ましてくれたし、教習がんばらなくっちゃ!

ゆるやかにカーブした階段を上がったところにウッディな空間、発見。映画が流れていて、みんなすごくリラックスして過ごしている。私もここにいるとついゴロゴロとソファにもぐりこんでいる。お昼寝している人もいるなぁ・・・。
吹き抜け空間に架かる橋のような渡り廊下で次の教習をチェック。
赤い壁にあるA・ウォーホルのポップアップが色鮮やか。ここがC教室と応急救護の教室。
さっきのロビーで寝過ごさなくてよかった〜。

渡り廊下から広い階段を上がって3階へ。ここにもウォールポスターがある。ギャラリーのような回廊を歩いて学科教室へ。
キャンベルスープやマリリン・モンローも見つけた。教室のとなりにある旧いアメリカのサインパネルと古びたソファ、ネオンサインもあるレトロなスペース。
私が生まれる前のビンテージな世界もリエゾンで見つけたりしてなんだか面白い。